活動報告・お役立ち情報

【女性が資格を取るときに使える給付金】

女性が、結婚出産を機に退職して再就職したいと思う時、

 

または、離婚を考えて収入を上げたいと思う時など、

 

「資格を取る」ということは、有力な選択肢の一つです。

 

 

 

私が資格試験の勉強をがっつりしてきたからかもしれませんが、

 

最近、ご相談で、資格の話が出ることが増えました。

 

資格給付金

 

人生100年時代、女性も長く働くために

 

何か資格を…と考える人が増えているのは本当にすばらしいと思います!

 

 

 

ただ、キャリアアップのための資格となると、独学で取るには難しいものも多く、

 

 

資格の学校に通うと、けっこうお金がかかりますよね。

 

 

そんな時に使える、心強い制度があるのでご紹介しますね。

 

 

ひとり親向けのものも一般のものもありますよ!

 

 

 

 ①ハローワーク「一般教育訓練給付金」

 

雇用保険に入って1~3年働くと講座受講料の20%が返ってくる制度です。

 

 

知ってる人、利用したことある人も多いのでは??

 

 

割と知られていないのは、

 

 

実はこの制度、

 

20年前の雇用保険の加入履歴

 

でも使えるんですよね。

 

 

 

原則は退職後1年以内なのですが「子育てでキャリア中断中でした~」

 

 

という申請をするとOK。

 

 

 

 

なので、「ずっと専業主婦だからムリだわ」と思ってらっしゃる方も、

 

 

独身時代の加入履歴を使って申請可能かもしれません。

 

 

気になる方は、身分証明書をもってハローワークにGO!GO!

 

 

資格があるかないか、すぐに調べてもらえますよ!!

 

 

②ハローワーク「専門実践教育訓練給付金」

 

 

①よりも専門的な資格を取ったり、大学に戻ったりする際に使える給付金。

 

 

受講料の50%が返ってくるうえ、

 

 

1年以内に資格を使って就職すれば、さらに20%が返ってきます。

 

 

 

 

もし、仕事を辞めて大学に通うなら、生活費の保証を受けられる場合も。

 

 

①②ともに、ネットで、

「教育訓練給付制度 指定講座」

 

 

で検索して、ご自身の受けたい講座が対象かどうか、調べてみてくださいね。

 

 

 

「ひとり親家庭自立支援教育訓練給付金」

 

①②はハローワークで申請でしたが、こちらは市役所で申請になります。

 

 

対象となる講座は①②と同じ。受講料の60%が返ってきます。

 

 

これはうれしい ♥♥

 

 

雇用保険の資格がある人は、ハロワから20%、市役所から40%返ってきますし、

 

雇用保険の資格がない人は、市役所から60%返ってきます。

 

 

注意点は、

一生に一回しか使えないこと!

 

講座を申し込む前に必ず市役所に先に行くこと!

 

 

 

張り切って先に講座申込みしちゃうと使えませんので、注意してくださいね~~

 

 

これから勉学の秋。

 

なにか資格でも…と考えている方の参考になればうれしいです♪

 

 

 

これから勉学の秋。

なにか資格でも…と考えている方の参考になればうれしいです♪